糖尿病のこわさ

糖尿病のこわさ

 

糖尿病は、血糖値が通常よりも高い状態が、ずっと続くことを言います。

 

血糖値が高いだけで、体になんらかの不調が起こることはありません。

 

なので、放置されていることが多いです。

 

しかし糖尿病は、進行すると、さまざまな合併症を引き起こします。

 

「糖尿病性網膜症」、「糖尿病性腎症」、「糖尿病性神経障害」、は、糖尿病の三大合併症です。

 

 

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)は、目の網膜に生涯がでる病気を言います。

 

高血糖により、目の毛細血管に障害が起こります。

 

出血が起こり、進行すると網膜剥離を引き起こします。

 

最悪の場合、失明します。

 

 

糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)は、腎臓に障害が出る病気です。

 

腎臓にある細かい血管の集まったところを、糸球体(しきゅうたい)と言います。

 

糸球体に障害が起こると、腎機能が低下します。

 

最悪の場合、腎臓の機能が停止し、透析療法が必要となります

 

 

糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)は、体中の神経に障害が起こる病気です。

 

知覚神経、自律神経、運動神経に障害が起こりやすいです。

 

体のいろいろな機能が低下します。痛みやしびれを引き起こすこともあります。

 

 

糖尿病の三大合併症のほかに、脳梗塞、心筋梗塞を引き起こすリスクもあります。

 

脳梗塞、心筋梗塞ともに、発症すると、命にかかわります。

 

 

糖尿病を発症しても、初期の場合は、自覚症状が起こらないので、気づきもしない人が多いです。

 

そして、症状が進行し、やっかいな合併症を引き起こしたところで、初めて糖尿病の発症を知ることになります。

 

メタボ健診を受けている方は、健診が、発症を知るきっかけになるでしょう。

 

健診で、糖尿病の発症が分かったら、初期の段階で、治療を開始しましょう。

 

そして、うまくコントロールをして、合併症の発症を食い止めたいです。

 

 

糖尿病の治療には、血糖値の管理が、なにより大切です。

 

糖尿病を診断されたら、空腹時や食後の血糖値を計測します。

 

そして、長期の血糖値トレンドをみるために、ヘモグロビンA1cの検査を行います。

 

その結果をもとに、食事療法、運動療法、服薬、インシュリン療法などを組み合わせて、血糖値をコントロールしていきます。

 

 

糖尿病のおそろしい合併症を防ぐためには、血糖値だけではなく、高脂血症、高血圧、肥満改善のための食事療法も、合わせて行う必要があります。

 

 

現在行われている代表的な食事療法は、「食品交換表」と「カーボカウンティング」の2種類があります。

 

 

食事交換表

 

エネルギー制限をしながら、栄養バランスを整える食事療法です。

 

食品交換表では、食品を6つのグループに分けています。

 

それぞれのグループは、同じような栄養素を含む食品が入ります。

 

80kcalを1単位として、それぞれの食品グループから摂取する単位数を決定します。

 

6つすべてを行い、献立を考え、栄養バランスを整えていきます。

 

 

カーボカウンティング

 

カーボとは、カーボハイドレート(炭水化物)の略称です。

 

炭水化物摂取量を調整して、血糖値を管理します。

 

日本では、導入されたばかりですが、世界的には多くの国ですでに利用されています。

 

 

糖尿病のこわさ記事一覧

糖尿病で本当にコワいのは?

一般的に考えて糖尿病の症状と言われると血糖値が上昇する事をイメージしますが、気を付けてほしいのは、誤った認識を気にせずに言えば、実は、「血糖値が上がる」と言う部分そのものはそれほどまでに怖いことではないのです。ご存知だと思いますが、糖尿病の重要な問題点は、血糖値が上昇することが原因で発症してしまう、...

≫続きを読む

糖尿病合併症と酒、タバコ

糖尿病の治療は合併症防止が目的といっても過言ではないほど重要な治療です。糖尿病そのものが怖いんじゃなくそれによっておこる合併症が怖いんです。それだけ命にかかわる病気が多いんです。ところで、私は昔、タバコもアルコールも大好きでした。特にビールが大好物でした。その上、ヘビースモーカーでした。タバコは、ア...

≫続きを読む