糖尿病合併症と酒、タバコ

糖尿病合併症と酒、タバコについて検証

 

糖尿病の治療は合併症防止が目的といっても過言ではないほど重要な治療です。

 

糖尿病そのものが怖いんじゃなくそれによっておこる合併症が怖いんです。

 

それだけ命にかかわる病気が多いんです。

 

糖尿病,血糖値,ヘモグロビンA1c,三大合併症

ところで、私は昔、タバコもアルコールも大好きでした。特にビールが大好物でした。その上、ヘビースモーカーでした。タバコは、アルコールのツマミになるんですよね。

 

 

糖尿病は、お酒やタバコはダメなのでしょうか???

 

ダメです!!!やってはいけない嗜好品です。!!!

 

 

では、なぜダメなのでしょうか?

 

お酒は百薬の長とも言われ、適度な飲酒は体に良いとされています。

 

糖尿病,血糖値,ヘモグロビンA1c,三大合併症

でもダメなんですね・・・何故か?適量で止められない人が多いんです。

 

2型糖尿病患者のほとんどは、生活習慣が原因です。生活習慣病ですから・・・

 

アルコールの過剰摂取、過剰飲酒は生活習慣病、
つまり、規則正しい生活ができないから起こるんです。

 

アルコールが入ると気分が良くなり気持ちが大きくなります。

 

そうなると・・・そうです、「もう一杯だけ」「もう一杯だけ」が続くんです。

 

あなたもそうじゃないですか?私もそうでしたから・・・ですからよく分かります。その気持ち。

 

糖尿病,血糖値,ヘモグロビンA1c,三大合併症

 

お酒の過剰摂取は、当然、体内の糖分を増やします。
そうなると内臓に負担がかかります。

 

結果、糖尿病患者が陥りやすい合併症の引き金になることが指摘されるんです。

 

糖尿病患者が陥りやすい合併症には、網膜症・腎症・神経症・動脈硬化・足壊疽など、
血流が悪いことが原因で起こるものが多いんです。

 

 

そしてそれにタバコが加わってくると、それらの症状を悪化させるリスクが非常に高くなります。

 

喫煙は、糖尿病に悪いというよりは、

 

糖尿病,血糖値,ヘモグロビンA1c,三大合併症

糖尿病から発症しやすい合併症のリスクが余計に高まるということなんです。

 

先にも述べたように糖尿病の合併症は命に係わるものが多いです。

 

糖尿病の治療は合併症防止が目的と思っても間違いではないんです。

 

したがって、お酒とタバコはダメ!・・・なんです。基本的には。

 

そうはいっても飲みたいですよね。そんな時は、焼酎かウイスキーにしましょう。
こちらは蒸留酒ですから、糖分が少ないんです。

 

 

糖尿病の人に限らず適量のアルコールは別として、タバコはやめたほうが良いと思いますよ。

 

タバコを吸っている姿が“カッコいい”と言っていた時代は終わりました。

 

 

今は嫌煙!嫌われているんです!やめましょう!

 

 

簡単です、その気さえあれば・・・私も止めれましたから。

 

ちなみに私は禁煙外来で辞めました。比較的楽に。。。

 

 

>>>血糖値改善でヘモグロビンA1c値を下げる方法

 

 

糖尿病合併症と酒、タバコ関連ページ

糖尿病で本当にコワいのは?
糖尿病で本当に怖い三大合併症のことについて説明をしていきます。