糖尿病予防のための食事

糖尿病予防のための食事

 

糖尿病は、一度発症してしまったら、治ることは無いと言われています。が、果たして?

 

ですから、糖尿病の治療は、完治ではなく、それ以上症状を進行させないための治療が行われます。

 

平成9年の厚生労働省の糖尿病実態調査により、おそるべき事態が発覚しました。

 

「糖尿病が強く疑われる人」が690万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」が680万人もいたのです。

 

成人の6人に1人が、糖尿病である可能性がある、おそろしい事態です。

 

だからこそ、糖尿病を発症する前の、予備軍の段階で、食事療法や運動療法を開始するべきです。

 

糖尿病は、気を付けていないと、見逃してしまいがちです。発症しても、自覚症状がないためです。
すでに症状が進行して合併症が起きてから、事態に気付く人が多いです。

 

最近では、メタボ健診も始まったりして、早期に発見できるチャンスが高まっています。
少しでも気になる点があるのなら、今すぐ食事療法を始めましょう。

 

 

糖尿病ボーダーの状態なら、通院して、医師の指導を受けながら、食事療法をしなくても大丈夫です。

 

もちろん、医師の指導を受けるに越したことはないのですが、
糖尿病予防に役立つ食事のコツを知って、実践するだけでも効果があります。

 

糖尿予防に役立つ食事をご紹介します。

 

 

炭水化物ばかりの食事を避ける

 

うどんといなり、ラーメンとチャーハンなど。
炭水化物ばかりのメニューだと、血糖値が上がりやすくなります。

 

 

食物繊維を摂る

 

野菜、きのこ類、海藻類には、食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は、血糖値をコントロールするはたらきがあります。

 

またこれらの食材をメニューに入れることで、自然と炭水化物の割合が減り、糖尿病予防に役立ちます。

 

 

1日3食きちんと食べる

 

食事を抜くのはいけません。3食キチンと食べることで、血糖値が上下に乱れにくくなります。

 

 

炭水化物、たんぱく質、脂質のバランスをとる

 

バランスを考えて食事すると、血糖値の上昇がゆるやかになります。

 

 

雑穀パンを食べる

 

ふだん、パンを食べるときには、白パンを食べている人が多いと思います。
パンを白パンではなく、雑穀パンにチェンジしましょう。

 

白パンは高GI値食品であり、血糖値の急激な上昇を促してしまうため、避けたいです。

 

 

玄米、麦飯、五穀米を食べる

 

ふだん、白米を食べているのなら、玄米や麦飯、雑穀枚にチェンジです。

 

白米は、高GI値食品です。

 

血糖値の急激な上昇を促してしまいます。

 

 

お酢を摂取

 

お酢は、血糖値のコントロールに役立つと言われています。
どんどんメニューに取り入れていきましょう。

 

 

ふだんの食事を、糖尿病を防ぐための食事、と考えると、より健康的になります。

 

毎日の積み重ねが、十年後、二十年後のあなたを助けます。

 

いつまでも元気でいるためにも、普段の食事を「食事療法」として、気を付けて考えると良いですね。

 

 

糖尿病予防のための食事記事一覧

昼食後に眠くならない食べ方

ちゃんと睡眠をとっているのに午後いつも眠くなる人は・・・糖質のとりすぎが原因かもしれませんよ。「お昼ごはんを食べたら、確実に眠気に襲われる」と言われる人が見受けられます。午後の仕事に向けてエネルギーをチャージしたつもりなのに、仕事のパフォーマンスが一気に下がる。そんな経験したことあるでしょう!これに...

≫続きを読む