昼食後に眠くならない食べ方

昼食後に眠くならない食べ方

 

糖尿病,血糖値,ヘモグロビンA1c,食事療法

 

 

ちゃんと睡眠をとっているのに午後いつも眠くなる人は・・・

 

糖質のとりすぎが原因かもしれませんよ。

 

 

お昼ごはんを食べたら、確実に眠気に襲われる」と言われる人が見受けられます。

 

午後の仕事に向けてエネルギーをチャージしたつもりなのに、仕事のパフォーマンスが一気に下がる。そんな経験したことあるでしょう!

 

これについては、お昼ごはんに糖質を大量に摂ることによって高くなった血糖値が、反動で急激に下がって低血糖状態に見舞われていることが原因で起きると考えられています。

 

ではこの時、体の中ではどんな変化が起きているのでしょうか?

 

 

ランチで食べるごはんやパン、麺類は糖質=炭水化物の塊なんです。

 

この炭水化物を摂ることで食後血糖値が上がります。

 

血糖値が上がると一時的に元気になるんです。

 

すると、血糖値が上がった体はそれを下げようと膵臓からインスリンを放出します。

 

すると、血糖値が下がります。

 

血糖値が下がることで、一時的に元気になったハイな気分から一転、眠気に襲われるなどの不快な症状が現れてきます。

 

昼食後に眠くなるのはこれが原因なんです。

 

 

こんな時、よく「眠気覚まし」ということで缶コーヒーや清涼飲料水を飲むこともありますがこれらは糖質たっぷり含まれたものです。

 

すると、また血糖値がとんでもなく上昇します。それによってまた一時的にすっきりとした気分になりますが、その後血糖値の急降下に見舞われてしまうことになります。

 

つまり同じことの繰り返しとなるんですね。

 

 

ところでランチでどんなものを食べていますか?

 

血糖値の急上昇・急降下を引き起こしやすいのが、牛丼やラーメンといった「単品もの」です。

 

うどん、そば、パスタ、カレーライス、にぎり寿司なども同様ですが、おかずや付け合わせのない一品ものは、そのほとんどを占めているのがごはんや麺類などといった糖質、炭水化物です。

 

 

昼食に選ぶべき食べ物は、主菜・副菜などのサイドメニューの付いた定食やセットメニューがおすすめです。

 

そして、眠くならない食べ方は、まずは野菜類から食べます。

 

次に肉や魚などのタンパク質中心のおかずを食べ、ごはんやパンはなるべく後半に回します。

 

その炭水化物量も食べ過ぎないことです。

 

 

この食べ方は血糖値の上昇に関係してくる食べ方ですから、血糖値が気になる糖尿病をお持ちの方も取り入れるべき食べ方になります。

 

そして、時間をかけてゆっくりと噛みしめるように食べることも大事です。

 

とは言っても、ランチには炭水化物たっぷりのものを食べたい・・・という人もいるでしょう。

 

そこで食後血糖値の急上昇を抑える方法があるんです。それは・・・

 

 

糖尿病,血糖値,ヘモグロビンA1c,食事療法

食後すぐに運動することです。

 

食後すぐに運動すると、血糖値が上がらないことがわかっています。このときの運動とは、ハードなものでなくてOK。速足のウォーキングなどで十分です。時間的には20分ぐらいでOKです。

 

つまり、摂り入れた糖を使い切るということです。糖はエネルギーに替わる性質があります。

 

以前は、「消化のために食後はゆっくりしろ」というのが定説でしたが、いまは、「食後こそ運動」が定説になってきました。

 

「消化のために食後休む」体によくないということを肝に銘じておきましょう!

 

20分程度のウォーキングや階段の上り下りで、足腰も鍛えつつ血糖値の安定を図るというのが賢いやり方のようです。

 

 

※『医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』から一部引用抜粋