糖尿病予防メニュー

糖尿病予防メニュー

 

糖尿病を防ぐには、ふだんの食事から気を付けることが大切です。
糖尿病予防で、食事療法は、大きな意味を持ちます。

 

一般論として、糖尿病は一度発症してしまうと、
治すことができないと言われています。

糖尿病,血糖値,ヘモグロビンA1c,食事療法メニュー

 

だからこそ、予防が大切なのです。

 

糖尿病予防で一番大事なことは食事です。そこで、
糖尿病予防に役立つメニューをご紹介します。

 

低GI値の食品を選ぶ、炭水化物の量をコントロールするなど、
糖尿病を予防したい人におすすめしたいメニューです。

 

 

雑穀パンのトースト半分、ジャム、ハム&スクランブルエッグ、りんご2切れ、牛乳コップ1杯

 

朝食のメニューとしては、申し分ないですね。これで摂取カロリーは約600kcalです。
炭水化物は約45g。

 

このメニューのポイントとしては、白パンの代わりに雑穀パンを使っている点
トーストと言えば、白パンですが、あえて雑穀パンを選びました。

 

白パンは、高GI値食品だからです。

 

血糖値の急激な上昇を促してしまうので、雑穀米にチェンジします。
また、雑穀米には、多くの食物繊維が含まれています。
食物繊維は、血糖値の値をゆるやかにするはたらきがあります。

 

マルチグレインと呼ばれる、多雑穀パン、ホールウィートと呼ばれる麦パンは
糖尿病予防のための食事におすすめです。

 

卵やハムも使って、炭水化物・たんぱく質・脂質のバランスがとれています。
バランスよく食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにできるのです。

 

同じカロリーでも、菓子パンやジュースのメニューにしてしまうと、炭水化物過多になってしまいます。
血糖値が急激に上昇してしまうので、控えましょう。

 

 

野菜と肉の入ったラーメン、野菜炒め

 

このメニューで、摂取カロリーは約700kcalです。

 

ラーメンにもう一品、というと、チャーハンを選びたくなってしまうかもしれません。
でも、ここでは野菜炒めをプラスしています。

 

チャーハンにしてしまうと、ラーメンの炭水化物と、チャーハンの炭水化物で、炭水化物をとりすぎになってしまいます。

 

野菜炒めをくわえると、食事における炭水化物の量を減らすことができます。

 

ラーメン屋さんにいくときには、ラーメンとチャーハンではなく、ラーメンとレバニラ炒めの組み合わせが良いのです。

 

そして、どのレストランに行くときでも、定食を選ぶようにしましょう。

 

単品メニューを選ぶときには、そのメニューに、野菜、肉、魚がバランスよく含まれているものを選びます。

 

 

ラーメンとチャーハン、うどんといなり、ハンバーガーとフライドポテトのような組み合わせは、

 

炭水化物がメインとなる料理が2品以上となり、おすすめできません。

 

 

総摂取カロリーは同じでも、血糖値の上昇率が、まったく違ってきてしまいます。

 

カロリーのことを考えることも大切ですが、血糖値の上昇率という点でも、メニューを決めることが必要なのです。

 

 

糖尿病を予防するには、食事法のポイントを抑えた献立が大切です。

 

食べる順番に気を付けることもおすすめです。

 

まず野菜を食べ、次に肉や魚、最後主食を食べることで、血糖値が上昇するのを抑えられます。