糖尿病により起こる障害

糖尿病と血糖値の改善はできるか?

 

皆さんご存知の糖尿病の症状と言ったら血糖値があがるという事を予想しますが、実は、「血糖値があがる」といった経緯という点はそれほどまで怖いことじゃありません。糖尿病の一番の問題は、血糖値があがることが原因で発症してしまう、「合併症」です。血糖が高い状態が長い期間継続してしまった場合、全身の血管が次第次第にダメージを受けて、種々ある合併症を引き起こします。

 

 

糖尿病の合併症には大きく分けると、細い血管が障害されて起こる

 

「細小血管障害」

 

 

と、太い血管が障害されて起こる

 

「大血管障害」

 

の二種類に大別できます。

 

 

「細小血管障害」では、

 

・糖尿病網膜症
・糖尿病腎症
・糖尿病神経障害

 

など、糖尿病の人に特徴的な合併症で「糖尿病の三大合併症」といわれています。

 

そして「大血管障害」では

 

・心筋梗塞
・脳卒中
・脳梗塞・脳出血 

 

などがありますが、ご存知の通り、これらの症状は発見や手当てが遅れると死にも直結してしまう危険な合併症です。

 

 

また、これ以外にも感染症に罹患し易くなったり、高血圧や脂質異常症に見舞われる方も多いと言われています。怖い点は、初期段階ならば、そういった症状にほとんどの場合自覚症状が見られないことなのです。知らず知らずのうちに病状が悪化するのが、糖尿病の怖さの一つなんです。それに加えて、こういった類の合併症がある程度進行してしまうとなると、今度は進行を抑えることも困難になってしまうことになります。

 

 

そういった事に陥らないように、糖尿病は、何が何でも早期の内に改善していた方が良いということなんです。しかしながら、これまでのように食事制限や運動療法を続けていても、そう簡単には改善されるとは考えられません。残念ながら、現状を維持することが精一杯にちがいないと思われます。

 

 

食事制限や運動療法、薬物療法などの治療は無意味とは断定しませんが、劇的な改善は期待されません。それはいわば綱渡りのような状態と言えると思います。そこで、今回、従来の方法を超えた最新の糖尿病の改善方法があるので、それを包み隠さず公開していくつもりです。

 

 

 

糖尿病改善といえば、食事制限して、有酸素運動療法を行い、最悪インスリン注射しかないと思われていますが、そもそも、糖尿病は、食事内容や運動不足だけが原因で起こるものではありません。

 

では、なぜ、そしてどうすれば糖尿病改善できるか・・・こちらをご覧ください!

 

 

>>>血糖値を下げる方法!わずか「5分」の真実とは?<<<